チッパーの練習方法 in打ちっ放し場

前回の記事:チッパーの練習方法 inゴルフコースでは、実際のゴルフコースでの練習方法を書きましたが、一般のゴルファーの場合、コースでの練習は難しいと思います。

そこで、今回は一般的なゴルフ練習の場所、「打ちっ放し場」でのチッパーの練習方法をご紹介します。

打ちっ放し場でよく見る光景

打ちっ放し場での練習では、多くのゴルファーがドライバーやアイアンなどのフルショットをしているイメージがあります。

ゴルフ初心者にとって、ボールを打つ行為そのものが楽しいものですし、真芯でボールをとらえた時の感触は、何ともいえない快感です。

私もゴルフを始めた当初、1時間打ち放題1,000円などの打ちっ放し場にいって、200~300球も休みなく打ち続けた思い出があります。

しかし、そんな練習だけで良いのでしょうか?

もちろん、初心者はスイングを安定させることと、クラブごとの自分のフルショットの飛距離と球のバラツキを図る上でも、広い打ちっ放し場でフルショットをすることは重要です。

しかしある程度、110前後くらいの実力がついてきたら、フルショットよりもコントロールショットやアプローチショット、パッティングが重要になってきます。

もし、あなたが打ちっ放し場にいったらフルショットの練習しかしていないようでしたら、ぜひアプローチの練習も取り入れてみて下さい。

と、前置きが長くなりましたが、打ちっ放し場でのチッパーの練習方法です。

打ちっ放し場でのチッパーの練習方法

チッパーでのアプローチは、ランニングアプローチが基本となります。

けれど、打ちっ放し場では、仮想グリーンは場所が決まっているので距離が調整できないことと、本物の芝はもちろん、管理上の問題から耐久性を追求した固い人工芝が多いです。

また、他の人の球や自分が打った球が練習場のグリーン上で集中するとボール同士が当たってしまうことも多くあります。

よって、正直、ランの感覚をつかむことは難しく、転がる距離も参考程度にしかなりません。

ライも人工芝マットでは実際の場面(ラフや斜面など)を想定することもできないでしょう。

では、打ちっ放し場でチッパーの練習は無理なのかというと、実はそうでもなく、逆にどのような打ち方をすればどの程度のキャリーが出るかを把握するための絶好の練習場なのです。

チッパーの打ち方はよく「パターと同じように打つ」と書かれてありますが、私はパッティングストロークとは少し変えていますし、チッパーのクラブやロフトによっても最善の打ち方は変わると思います。

そもそも長尺パターを使用している人にはパターと同じように打つことはできないでしょうし(笑)

ということで、多くの打ち方のチャレンジを周りに迷惑をかけることなく試せる場として打ちっ放し場は最適だと考えています。

ぜひ、試行錯誤の場として、打ちっ放し場を利用してみて下さいね。

と、今回は打ちっ放し場での練習方法を書いてみましたが、パッティングと同じ打ち方であれば、家でも出来るんではないか?ということで、自宅での練習方法を書いてみたいと思います。