チッパーは邪道じゃない。

「チッパーは邪道だ」という方がいます。でも、私はチッパーは邪道ではないと考えています。

確かに、見た目はスタンダードなウッド、アイアン、パター のどれにも当てはまらず、いかにも腕がないのをカバーする救済クラブだと言わんばかりのフォルムをしています。

ですが、だからといってチッパーが邪道か?と問われるとチッパー愛用者の私は、声を大にしてNo!と言いたい。

邪道ではない理由

まず、チッパーはルール上アイアンのカテゴリーに入るクラブで、基準を逸脱しない限り、競技にも使用できる、れっきとしたゴルフクラブです。

高反発係数のドライバーの方が、競技ゴルフで使用できないという意味で私はチッパーより邪道だと思っています。

また、プロゴルファーの横峯さくら選手を始め、少なくないプロや競技ゴルファーが、コースに合わせたクラブセッティングの中にチッパーを取り入れています。

人気のプロゴルファーは、競技成績も重要ですが、スポーツメーカーやその他CM企業と契約し、収入を得ている関係で、自分の競技スタイルを他人から見られています。

本当に邪道であれば、使用しないはずです。

他人の目

そもそも邪道ではない。とはいえ、やはり他人の目は気になるものです。特に同伴競技者の中には、「チッパーは絶対認めない」という人もいるでしょう。私も経験がありますが、完全に馬鹿にした口調で野次ってくる人もいます。(ちなみにキャディさんは拍子抜けするほど何も言われません)

ただ、これは、狭いコースや距離の短いコースでティショットにドライバー以外のクラブを使うのに似ています。

スコアメイクのために、あえてドライバーを握らないのですが、人によってはドライバーを使わないあなたに対して、あれこれ言ってくる人もいるでしょう。それでも、自分の信念を貫き、勝負するクラブを選択し、迷いなく振りぬいてこそ、自分なりのベストショットになります。他人の目に動揺し、せっかく短いクラブを持ったのにミスショットして、こんなことならドライバーを使うんだったってなると、何のためにドライバー以外を選択したかわからなくなります。

チッパーも同じではないでしょうか。

他人の目を気にして、中途半端に使い、ミスするなら使わない方がマシです。

それでもチッパーがもし自分に合ったクラブであると感じるならば、「邪道」という食わず嫌いの人のことばに振り回されることなく、信念をもって自分のスタイルとして取り入れてみることをお勧めします。

他人の目が気にならないくらいの必殺のクラブとなったとき、きっとあなたのゴルフは変わりますよ。